スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンモックとイルカ

マドレセルバの食料
退屈で気だるいスライムみたいな時間の流れの中で
唯一の変化は食事。

最初の頃は、甲板で鳴いていた生きた豚や鶏が供された。
バナナや野菜とまとめて置かれているのが
いかにもこれからの食料です感があって哀れだった。
甲板の豚
自分が持ち込んだ果物やパンは暑さですぐにいたみそうだったので、この豚にあげていた。そして、船の食事に豚肉が出て私はそれを食べた。
次は鶏たち、それらがじょじょに姿を消し、すべていなくなると、食事は野菜のみになった。

途中で一度、沿岸の村から巨大な干しパイチェ(ピラルク)を仕入れていた。
長いので数人の男たちが担いでいた。
それからしばらくはパイチェの塩煮と茹でバナナ。
ピラルクのせご飯

ご飯やバナナを川の水で煮るためか、微妙に灰色がかっている。
それもなくなると、茹でバナナとご飯だけ。
みんな時間を持て余しているので、
食事の準備をする時に素早くテキパキと動く。
給仕の人が長ーいテーブルを拭き始めるとごそごそと、しかしけっこう素早く皆がテーブルにつく。
アルミ製の給食トレイのようなものがバタバタと並べられる。普段のペルー人に見たことのない素早さ。
お腹がすいているから?

2交替で、私はいつも後組。その上食べるのが遅いので、何時も片付け係に急かされた。残すとおこられた。まずい上に暗いので何を食べているのかわからない。

貨物船は川沿いの小さな村にいちいち停泊し、灯油や食料品を売り、魚や野菜を買い込む。
けっこう大きな貨物船なのに、降りる人乗る人一人一人に対応する。
岸から懐中電灯で合図送っている人を一人も残さず拾って行く。

小型ボートで追いついて乗り降りする人もいる。
街なかの乗り合いバスのように ここで降りるわ、みたいな軽やかさで。
夜中に船を降りて、漆黒の濃密な森の中に消えて行く人たち。
村があるのだろうか。なぜあえてここに住み続けるのか。彼らにとっての何があるのか。

昼間に着岸した時、それまで銅像のようにじーっとしていた乗客たちが、
バタバタと財布片手に船から降りて行った。
どうしたどうしたと思っているうちに、みんな息を切らせて帰ってきた。
手に手にピンポン球そっくりのものが入った袋を持っている。
亀の卵らしい。
ペルー人が普段見られない素早さで動いたことを見ると、よほど美味しいのだろう。

一度シャワーを浴びている時に(この水も濁っている。なにもかも同じ河の水 煮炊きも洗濯も〇〇も )
カワイルカの群れがジャンプしながら船と平行に泳いでついてくるのを見た。
ピンクのつるっとした皮膚をキラキラ光らせて
愉快そうにジャンプしながらこちらを見てニタっと笑った(ように見えた)  
海の鯨やイルカは何度か見たことがあるが、大海の彼らより
河のピンクの小振りのイルカたちは人間に近いものに感じた。
ピンクカワイルカに関しては各地域でいろいろな伝説がある。
ジーパンを川の水で洗っていたら、トイレットペーパーとそれとセットらしきものが流れて行った。同じ水をコップに組んで子どもに飲ませている。なにもかも同じ河の水。巨大だからいいか。
昼間は、ゆで卵になったみたいに暑いのに、夜は冷えこむ。これは予想外で、船室の方に戻って、持っているものをすべてかけて寝る。ハンモックやかばんもかぶった。


同じ状態がずっと続く 我慢大会のような船上生活で
唯一の楽しみは夕暮れ時。
巨大な太陽がうす桃紫色に河の面を染めて濃緑のジャングルの陰に落ちると
風が少し動き
赤はどんどん紫に占領され、その後青紫、青、群青へと移っていく。
そしてお待ちかねの満月登場。
ショータイム。

大満月を船の航跡の上に見ながら。、、、することがない。

アマゾン夕日


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

貨物船マドレセルバ

「アマゾンを5日かけて貨物船で下る」というフレーズに魅かれて計画し始めた旅。
その旅を経験した人に聞き取りをすると、泥棒だらけでハンモックまで盗まれた。毎日同じ景色で退屈で死にそうになる。」「食べるものがない。あってもきたなくてまずい。やせてしまった。ベッドはダニだらけ。」
きわめつきは「アンタ何考えてんの。身も心もボロボロになるよ。」
でも最後の人が「でも、やってみー。」と言ったので決行。
アマゾン ペルー側 プカルパ→イキトス間を
貨物船「マドレ セルバ」に乗って移動。
船着き場に数日通い、近々出航しそうな、見た目がそこそこの船を探す。
船で働く人たちに、何日後に出航するかと聞いても、
テキトーな答えしか帰ってこない。
やっと船長っぽい貫禄のおじさんをみつけ、近々出航する船をみつける。
マドレセルバpng

翌日メルカードで食料のパンや果物、水、サンダル、帽子等の買い出しをする。ハンモックは高いので迷って買わなかったが、同乗の見知らぬ家族がポンと貸してくれた。
 エルネスト・チェ・ゲバラの「モーターサイクルダイアリー」の映画のシーンとほとんど同じ風景。というか撮影場所とほぼ同じ港 だと思う。
 貨物船と言っても、さほど大きくもない船のデッキには、鈴なりの乗客がいる。この人たちと少なくとも5日間はせまい船上で運命をともにするのか。少し気がめいる。
 大河は流れがどちらに向かっているのか見た目でわからない。地図を見れば、というか地理に明るければ簡単にわかるのだが。自分はこれから5日間大河を下るのか上るのか。
下っているのか上っているのかさえわからない雄大さ。巨大な湖のようだ。

広い広い水の平面。波もなく流れもゆったり。
水の上である事を忘れてしまう。
透明感は全くなく、コーヒー牛乳の上。
そして我々の船が進んで来た 灰色がかった不透明な肌色の河と、
もう一本の透明なブラックコーヒー色の河が合流する。

ウカヤリ河とマラニョン河(たぶん)
全くそりがあわないこの二種の水は、
どこまでいっても混じり合おうとしない。
温度?成分?性質?なにかがお互いを拒絶しあっているようだ。
液体どうしでこんなにはっきり分離している様をあまり見たことがない。
後で知ったのだが、コーヒー牛乳色の水よりブラックコーヒーみたいな水の方が、腐葉土の養分がとけ込んでいて栄養があるそうだ。  
だから、水面下でも、生物の棲み方が全く異なっているのだろう。
 
甲板から見える景色は雄大で感動的である。。。

と言えたのもはじめだけで
ずーっと続く同じ景色に嫌気がさす。
かけらの変化もない。グレーの濁った川の水と、向こう岸のジャングルの濃い緑の蔭、船の航跡、
たまに、岸辺にワニが昼寝している。私もハンモックで昼寝。
白サギが水面すれすれをかすめて行く。インコのような派手な鳥が、岸に群れている。

船の中も同じだ。
同じ顔ぶれが暇を持て余している。
もうおしゃべりのネタもつきた。
顔をあわすことすら鬱陶しい。
乗船したての頃は昼も夜もポーカーで盛り上がっていた男たちも、
後半はそれすら面倒そうにぐたっとしている。
演説好きだった青年も寡黙になった。

昔大海を渡った船乗りたちは
この鬱陶しさをどうやりすごしたのだろうか。
大声を出して暴れたくなる感じ。

昼間は暑すぎて本すら読めず。
天井じゅうにぶらさげられたハンモックに横たわり
灰色の天井をボケーっと ホントにぼけーっと見ている。
正真正銘 何も考えられない。
ああ、脳がとけていく。
ハンモック

数十人がハンモックに横たわって、口を半開きにして何も考えていない風景は
人間ではなく 物が吊り下げられているように見えてくる。
 一度浅瀬に衝突しその衝撃でハンモックで寝ている人たちが皆天井にぶつかりそうになった。唯一 緊張感があった瞬間だった。

私は個室の船室もとってあったのだが、エンジンに近く、うるさい上に強烈に暑い。
シャワーとトイレだけ個室のを使って、寝るのは船上のハンモックで寝ていた。

船上の限られた空間から出られない閉塞感。
買い物も散歩もできない。
陸上の病院に入院していた時は、絶対安静で、もっと不自由だったはずなのに
それと比較にならないくらい船上の暇感には精神的に危機を感じた。
陸では何もすることがない状態はむしろ好きだったのに。なぜだろう。
私の船室

河を渡る風もなく見える景色はまったく同じ。
エンジン音も同じ。移動していることすら感じられなくなる。
お互いに見るのも飽きた顔ぶれが、限られたスペースにじーっとしている。
何もしていないのに、小さな憎しみがわいてくる。
 日が落ちてから夜だけが、暑さから解放される。
船員や乗客とピスコを飲みながらおしゃべりをしたり、後部甲板に座って月あかりに消える航跡を夜中までながめたり。
無数の流れ星、稲妻を見ていた。
満月前後だったので、船はほぼ無灯火で進む。時々ライトで岸を確認している。たまに、大きな魚が飛び込んでくる。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。